ところざわサクラタウン&KADOKAWAイベント情報

オリジナル朗読劇『文豪、そして殺人鬼 ~事件記者 尺光輝~完結編』 令和六年長月公演 (第2回公演)


イントロダクション

オリジナル朗読劇『文豪、そして殺人鬼』。
2019年1月の初演以来、幾たびの再演を経て語り継がれてきました。
『前日譚』の物語も生まれ、広がりを見せてきた『文殺』の世界。
その世界に、また新たなる1ページ。

あの夏の別れから数年後。
尺 光輝のその後を描く『後日譚』、ここに開幕。

あらすじ

とある過疎村で行われている「村おこし」。
懐かしい人との出会いから、この取材をすることになったフリーの記者・尺 光輝(しゃく こうき)。
その村で、人の罪が視えるという《盲目の青年》と出会う。

記事を書き進める内に尺は、過去の事件を想起させる不可思議な出来事に追い詰められていく。
自らの罪と向き合い続ける尺。 彼が救われる日は訪れるのか―――。

公演概要

●9月21日(土)
●9月22日(日)
※21日(土)と22日(日)でキャストが異なります。
※両日とも、昼夜2公演を予定しております。
※公演時間は約2時間を予定しております。

<会 場>
雷5656会館 ときわホール
(〒111-0032 東京都台東区浅草3-6-1)
※東武線/東京メトロ銀座線/都営地下鉄浅草線/つくばエクスプレス
浅草駅 より 徒歩10分

<スタッフ>
脚本:岩井恭平
演出:山口磨美
制作協力:株式会社 碗-one-プロダクション
キャスティング協力:株式会社賢プロダクション
主催:株式会社KADOKAWA/株式会社ハピネット・メディアマーケティング

公式SNS
<作品公式X(旧Twitter)>
https://twitter.com/bunsatuofficial
推奨ハッシュタグ: #尺光輝完結編

お問い合わせ
■問い合わせ先
●チケットに関する情報
カンフェティチケットセンター
TEL:0120-240-540(受付時間 平日10:00~18:00)

●公演に関する情報
KADOKAWAカスタマーサポート
※お問い合わせの際は「朗読劇『文豪、そして殺人鬼 完結編』 第2回公演」と作品名をお伝えください。
 



 

©朗読劇『文豪、そして殺人鬼 完結編』